ラジオログ

あらゆるメディアの視聴・聴取ログ

The News Masters TOKYO(ザ・ニュース・マスターズ)~新しい視点での解説が際立つ文化放送朝ワイド

The News Masters TOKYOは、2017年4月から始まった、タレント兼プロゴルファーのタケ小山さんをメインパーソナリティーとする文化放送の朝ワイド番組だ。


タケ小山さんはアメリカ帰りのため、ときおり英単語やアメリカでの生活から見たお話が聞けることもあるのだが、なんといってもタケさんの威勢のいい声を聞くことができるので、「ガツーン」と目を覚ますにはと良い番組だ。「ズドーン」という言葉がやたらとお好きらしい(笑)

 
●日替わりのNewsMasterたち

月~金曜日はコメンテーターが2人ずつ登場し、新しい知見を得ることができる番組である。どの方々のお話も学ぶことがあるのだが、そのなかでも年代が比較的近い(とはいえ最も若い方でも4歳年上なのだが)、崔真淑さんと、池田純さんが出演される日が楽しみである。

 

☆金曜日の崔真淑さん
崔真淑(さいますみ)さんは、証券会社での勤務経験があり、日経CNBCで最年少解説員になったことでも知られる。彼女の存在はこの番組を通して知ることになり、ちょっとしたファンである。


株式市場のことはもちろん、ニュースに出てきた企業の話題について、経済の知識を交えながら教えてくれる。女性ならではのわかりやすさ、というか、彼女の明朗さに加え、説明も明快なところが好きだ。


修士号もお持ちとのことで、ときには論文や研究を紹介する、という点では学問で裏付けられた知識を紹介するという意味でも信憑性が増す。かといってアカデミック過ぎないところもいい。2018年春からは博士課程にも通われるなど、さらなる研鑽にも余念を欠かさない。

 

☆火曜日の池田純さん

火曜日に出演される池田純さんは横浜DeNAベイスターズの球団社長として、球団を再起させた。球団社長を退任後はラグビー界にも招聘されたというが、方向性が不一致だったようで自ら退任されている。


池田さんのテーマは「スポーツビジネス」であり、まだ比較的新しい分野とも思える。もちろんプロ野球だって歴史はそれなりに長く、例えば西武の堤義明オーナーもビジネスとして考えていたと思うが、不人気球団は閑散としていた時代もあった。


スポーツ選手自体の話は世の中にありふれている印象があるが、池田さんの話は普段あまり耳にすることがない海外スポーツ経営のことも知ることができるので、その点は重宝している。経営者として実践があるうえでのお話なので、聞くに値する。
 

●タケさんとアシスタントのアナウンサーの方も!
先日こんなことを短く書いてメッセージを送ったところ、番組ステッカーが送られてきた。ブルーのスタイリッシュなデザインだ。(ありがとうございます!)

こうしたものを見ると文化放送がFM91.6のチャンネルを持ち始めて以降の番組だということを実感させる。既存のAMのみの時代よりも、近未来的なイメージが強まったようだ。 

ちなみに毎月最後の金曜日のプレミアムフライデーには文化放送1階のサテライトプラスでの公開放送が行われていたが、朝にも2度ほど見に行ったことがある。当時は小尾渚沙アナがアシスタントだった。

野村邦丸アナは「(小尾アナは)ひとくせもふたくせもあるタケさん(の相手をしている)」と評していたが、タケさんもアシスタントのアナウンサーに話題をよくふることには好感が持てる。

2018年4月からは文化放送の女性アナウンサーのホープ的存在である西川文野アナと、NHK福岡放送局でキャスターを務めていたこともある長麻未アナが交代でアシスタントを務めている。The News Masters TOKYOは開始からまもなく2年。次の改編も乗り切れるかにも注目したい。

 

radio.tomhangeul.com

 

埼玉西武・坂田遼選手の引退とスコアラー転身(番組:文化放送ライオンズナイター)

2017年のある日、西武第2球場にイースタンリーグの試合を見に行った。若手選手のプレーを見ることで、気持ちを高めようと思ったのだ。

 

球場での観戦もニュースからも遠ざかってしまい、完全に浦島太郎状態であった。「おかわりくん」こと中村剛也選手がいつの間にか「おかわりさん」と呼ばれるようになっていたほどである。

 

イースタンリーグで、今年31歳の選手がなぜ4番に?
そんな状態でイースタンリーグを見に行ったのだが、その日の4番には坂田遼選手が座っていた。当然誰だか知らずに検索してみたらなんと86年生まれ、同じ年ではないか!しかも誕生日が5日違いのてんびん座である。

 

ja.wikipedia.org

 

なぜ「今年31歳の選手が二軍の四番に?」と驚いて、ますます気になり調べてみると、スタメンに定着しかけた年があったものの、あと一歩のところで怪我を繰り返し、一軍と二軍を行ったり来たりになっていたことを知る。

 

かくいう私自身もそれまでの数年間、(※もちろん野球ではないが...)思うように結果を出せずに逆境が続いていたので、そういった意味でも何となく気になって応援し始めたのだ。「成果を上げられず」というより、チャンスがもらえなかったと思っている。

 

坂田選手はイースタンで一時期、打率4割をマークするなど調子がよさそうだった。下馬評では「坂田を一軍に上げてやれ」という声もちらほら。なぜ2軍にいるのだろうと、見ていてももどかしかった。


2017年のシーズン終盤に差し掛かり、坂田遼選手が一軍に昇格すると、代打を中心に4割を超える打率をマーク。そして印象深かったのは球場で見た、10月5日のシーズン最終戦だった。

 

※「ラジオログ」というタイトルだが、この記事がラジオやメディアと何の関係があるのか、というと文化放送ライオンズナイターである。野球とは別に個人的に思い入れがあるので以下で触れておく。

●ライオンズナイターのネット放送にメールを送ってみた

その日のライオンズナイターはインターネットライブ放送。試合前に今年印象に残ったシーンを書き、番組にメールを送ってみた。「いつ読まれるか」とタイムラグのある放送を聞いていた。文化放送ライオンズナイター

 

その日の実況は寺島啓太アナ、最終戦ということで特別にベンチレポーターが配置されたのだが八木菜緒アナと、フリーアナの小川真由美さんであった。特に八木アナは86年生まれで同い年、寺島アナは85年生まれで1歳上なので、勝手に親近感をもっている。

 
すると八木アナに「ラジオネーム・トム・レディオさん、アミーゴ1001号の方ですね。」と読んでもらえた。その週に放送開始した「DASH!アミーゴ1号、2号」の火曜に引き続き、同じ週に2度も読んでもらえた。

 

坂田遼選手、代打で登場。これが1軍最終打席に。
そしてライオンズがビハインドで迎えた9回裏、満を持して坂田選手が代打で登場。嬉しくなり気持ちを込めて応援していた。すると強烈に放った打球はサード頭上へ。三塁手はジャンプするもファンブルしてボールを落とし、強襲内野安打になり出塁。今思うとこれが坂田選手の1軍最終打席となってしまった(試合は6-8で敗戦)。

 

 [2017年のシーズン最終戦(※撮影者は私でありませんが、ピッタリの動画を上げて頂いたことに感謝)]

 
坂田選手は2018年、春季キャンプから2軍スタート。これもファンとしては非常にもどかしく見ていた。シーズン開始後は2割前半と落ち込み、途中から一回り下の鈴木将平選手と交互のスタメン起用が続いた。シーズン最後には力を振り絞ったのか、打率を急上昇させたのは印象深かったが、結局1軍出場機会はなかった。というより辻監督に使ってほしかった。

 

そして10月に入り戦力外が発表される。するとすぐに引退を決めたようだ。ファンからからは「まだやれるだろう」という声が多かったようだし、私もそう思った。しばらくもどかしい気持ちが抜けなかったが、本人はやり切った気持ちだったのだろう。*1 

 

「球団を離れずにスコアラーに転身する」とのニュースが飛び込んできた。西武球団への愛着はファンとしても嬉しかった。きっとこれまで1軍出場で培った経験からすれば、裏方として後輩の選手たちに何か伝えることがあるのかもしれない。


11月23日の引退セレモニーは、あとから拝聴した。「戦力にはなれませんでしたが、チームが優勝できたこと…」。スピーチのなかのその言葉は、とても優しい気持ちで聞くことができた。

 

tv.pacificleague.jp

 

私が坂田遼選手の存在を知ってからの期間は短かった。ただ、同い年ということもあり、かなり気持ちを込めて応援してきた。まずはスコアラーとしての道を歩まれるようだが、坂田遼さんが新たな形でご活躍されることを願う。(というより、同い年の自分も負けずに頑張らなければ、という気持ちだ)

*1:※私は坂田選手のこれまでの経緯をあとから知ったので、他のファンの方のブログをリンクさせていただく。気持ちとしては大体同じだと思う。傍から見れば無念かもしれないが、本人はそうではないかもしれない。坂田遼の無念: 西武ライオンズファンブログ ~獅子の鼓動が聞こえる~ 

文化放送の伝説のユニット「JOQgiRl(ジェイ・オー・キュー・ガール)」と3人のメンバーの思い出

春が近くなると思い出すのは「JOQgiRl(ジェイ・オー・キュー・ガール)」である。世の中の入社シーズンを前にした、2016年3月に「勤労感謝 to me!」をリリースしてデビューした。

 

●結成もわずか半年で解散となった幻のユニット
「JOQgiRl」とは、2015年に文化放送に入社した新人アナウンサー3人により、結成されたアイドルグループである。文化放送コールサイン、「JOQR」をもじったかたちで命名された。


その「JOQgiRl」のメンバ―は八木菜緒アナ、小尾渚沙アナ、西川文野アナ。それぞれの名前を名乗ったあと、「3人合わせてJOQgiRlです」と振り付けを交えながら声を揃えていうコールもまた印象的であった。

 

[TrenVe Channel トレンヴィチャンネル]

しかし結成して半年足らずで解散が発表。結成された2016年11月の文化放送の浜祭りのときには増上寺にて解散ライブを行った。あるとき放送で噂された"不仲説(?)"は杞憂だったと思う。同期の3人が食事をする様子は、時々ツイッターで目撃した。

 

このアイドルグループは、CMディレクターの中島信也氏によるプロデュースおよび、作詞作曲により結成されたものである。キャンディーズのような70年代のアイドルをイメージしたらしい。そもそもQRの昼の番組の聴取層からすると、比較的年代が合っていたのかもしれない。

 

ちなみに彼女たちのイベントには、文化放送サテライトプラスでの結成イベントのほか、浅草ヨーロー堂でのライブ、そして浜祭りでの解散ライブの3回は出かけたが、今となっては良い思い出だ(イベント参加のため、CDは2枚買った)。

 

●八木アナと小尾アナのQR退社とその後

2018年3月には、八木アナと小尾アナが(おそらく契約満了により)QRを退社することとなった。あれから1年が経とうとしているが、落ち着いた今、これまでの放送の印象とその後の3人のご活躍を記してみたい。

 

八木菜緒アナはBS11のアナウンサーとして活躍中。コスプレをする異色のアナとして話題になったが、文化放送ではバラエティー番組で彼女らしい魅力を発揮していた。日曜昼ワイドの「テキトールノ」では、適当男・高田純次氏のきわどい発言や下ネタも瞬発力でかわしたり、ときどき飛び出す爆弾発言(!?)で笑いの渦に包んだことは確かだ。(まだまだ書きたいくらい)八木菜緒@1日目東ネ44a (@onagiya) | Twitter

  

小尾渚沙アナは、タケ小山氏による朝ワイド「News Masters Tokyo」のアシスタントを勤めたのちに退職。ラジオでは目にすることができないが、笑顔もまた魅力的だ。その後はフリーアナとなり、テレビやラジオなどの活躍の幅を広げている。某FM局にて3時間ひとり喋りの代役が回ってきたときには、大御所の邦丸アナも「あの子なら大丈夫でしょ」と太鼓判を押した。小尾渚沙(おび なぎさ) (@obi_nagisa) | Twitter

 

新卒入社の西川文野アナは、今も文化放送で活躍中だ。入社当時は20代前半だった彼女だが、リスナーからは「あやのちゃん」と親しまれ、新人とは思わせない堂々さと、自由な発言から「上から(目線の)西川」とも呼ばれたこともあったが、入社当初からなかなかの安定感を見せてくれた。今はニュース番組のアシスタントとして冷静さも感じられる。いつか代役でも、若者向けの夜ワイドを担当してくれたらうれしい。西川あやの(文化放送) (@AyanO_N1shikawA) | Twitter

 

ネット時代だからご本人も目にするかもしれないが、電波を通して聞いていたいちリスナーからの印象を書き連ねてみた。お許しいただければと思う(よほど不都合だったらご一報を)。今もなお応援している3人である。